こんにちは、おっこちゃんです。

 

ぼくが今、漠然と思い描いているビジネスモデルが
アクティブシニアスマートシニアにするための、
ヘルプをするビジネスです。

 

アクティブシニアとは、50歳~64歳ぐらいの、
仕事もバリバリこなす元気なシニアという
意味です。

 

またスマートシニアとは、週に10時間以上、
パソコンに向かっているシニアのことで、
知識も能力も意識も高いシニア層を指します。

 

また、この年代のパソコン使用率は45%に
達するという調査もあります。

 

以上から、ぼくの言わんとしていることは、
想像がついたかもしれませんが、僕が
手がけたいビジネスは、ズバリ、
アクティブシニアスマートシニアにする
手助けをしたいということです。

 

そして、ぼくは日本を元気にするには、
シニアが元気で楽しくなければならないと
強く思っています。

 

今の流れは逆で、お金のないシニアが
増え続けています。

 

また、今後の人口ピラミッドを考えて、すでに多くの
企業がシニア向けビジネスに取り組んで、
いるようですが、単に人口が多いから売れるだろう
程度の発想では、なかなか難しいようです。

 

今の僕のプランでは、まずは情報商材などの
顧客ターゲットとしてシニア層をメインとしたいと
いう程度のレベルです。
これは、ぼくのメルマガ読者の多くが、
比較的シニアの方であるということから、
自覚するようになったことが大きいです。

ぼくはこのことに強い可能性を感じています。

くりかえしますが、ぼくは、この元気のない日本を
活性化させるには、シニアが率先して元気で楽しく、
充実した生活をおくる必要があると信じています。

具体的にはアフィリエイトをメインとしたネットビジネスの
指導であったり、会員間の交流をはかるための
イベントの運営、仕事紹介サイトの運営、

そして、これが目玉ですが ・・・

シニア対象の合コンのセッティング

若い世代が楽しそうに合コンなるものにいっているが、
自分はお見合いだったし、どうも集団見合いでもないし、
いってみたいな、と感じているシニアが多いと思っています。

もちろん、まだ市場調査をしていないのでなんとも言えませんが、
最近、似たようなテーマでテレビドラマをやってますね。

具体的には、合コンについての作法であるとか、
特にサラリーマンが長い男性を対象としたマインド教育、
ロールプレイングによる教育の運営などなどです。

 

これまでタテ型社会で、タテ型の言葉しか知らない、
独身の男性に、女性との接し方、話し方を教えたい、
そんな強い思いが、ぼくにはあります。

 

遅い春ほど桜も美しい、そんなことを思っています。

 

タテ型の社会でのメールしか書いたことがなかったり
する方の場合は、意識のレベルから変えていく必要が
あるのです。

 

僕の場合は、いまでもサラリーマンをやっているのですが、
最近、メールが社内・社外を問わず、メルマガチックに
なっています。

 

どういうことかというと、本来、「いつも大変お世話になって
おります。〇〇商事の〇〇でございます。」

とかすべきところを、

「こんにちは、〇〇商事の〇〇です。ごぶさたですが、
お元気ですか?」といった風になりがちです。

もちろん、相手にもよります。

 

社内でも、例えば宛先が、「各位」とか固い場合が
普通である場合でも、「〇〇に関係しているみなさまへ、
こんにちは、〇〇部の〇〇です。」といった風に
書きます。

 

この、こんにちはの後を、うっかり「おっこちゃんです」と
そのうち書いてしまうのではと、気をつけています。

 

メールの本文も、通常はつまった文章が多い中、
改行が多く、読みやすさを心掛けた、
完全にメルマガチックな文章になっています。

 

しかし、全く問題ありません。これは断言できます。

 

間違って、おっこちゃんです、と書かない限りはです。

 

長くなりましたが、この文章をメルマガっぽく書けるように
することが第一歩かなと思っています。

 

時々、ブログをみてくださいとURLを送ってこられたり
するのですが、たぶん慣れていないためだと思いますが、
どうしても文章が固いのです。

 

なので、話すように書くこと、子供に読み聞かせても
わかるように書くこと、話すように書くことなど
その方に合わせたアドバイスをさせていただいて
おります。

シニア向けビジネスを発展させることが出来れば、
ポータルサイトを構築して、交流の場を提供したいと
思っています。

収益化としては、そのサイトでの広告収入やセミナー運営、
仕事紹介サイトでの企業からの手数料収入で、
考えているのですが、どうでしょうか?

またシニア層に共通する相続などの法律相談、資産運用の
相談なども、選任の弁護士・司法書士や銀行、証券会社と
タイアップして運営できると思います。

あくまで主体はポータルサイトであり、仲介するだけで、
本来の意味でのアフィリエイトであるとことに変わりは
ありません。

ぼくの読者のなかには保険会社で仕事をされている方も
いらっしゃるので、こうしたみなさまの経験が
必ず役に立つし、そもそもシニアの方々は、なにがしかの
得意分野をもっていらっしゃるので、ぼくは、それを
実際に生かせる場所を提供させていただくだけになります。

以上が思いついたビジネスプランです。
もし似たようなことを考えていらっしゃる方がいれば、
ぜひ情報交換をさせてください。

 

以上、おっこちゃんでした。