こんにちは、おっこちゃんです。

 

歳をとったら、あるいは仕事から引退したら、老後を温泉地でのんびり過ごしたいと考えているかたもいらっしゃると思います。

 

もうちょっと若いと、南の島でのんびりと、とか。

 

ですが、人間とはどこまでも贅沢にできているので、ヒマになればなったで、不満がまた出てくるものです。

 

それにしても・・・・・

 

僕はやっぱり、日本人全般があまりハッピーではないような気がしてなりません。

 

僕の息子がタイで仕事をしているのですが、しばらくぶりに日本に帰ってきた時に、電車でみた日本人の顔が暗いのがすごく気持ちが悪いといったことが、ずっと印象に残っています。

 

息子は少なくとも日本で生まれ、20年は日本で生活し教育を受けていたにもかかわらずです。

 

ネットビジネスでも与沢さんという、金持ちを演じていた方がいますが、僕は、幸せな老人を演じたいと、いや出来れば本当に幸せになりたいと心から思っています。

 

さて、スキーリゾートで有名な湯沢ですが、そこのリゾマン(リゾートマンション)がなんと1万円で買えるそうです。

 

かつては、高度成長時代の団地がゴーストタウンとなったニュースがありましたが、今は、バブルの負の遺産がそれに変わってきていますね。

 

でも、こんないい環境をうまく利用して理想的な環境を創れないものでしょうか。

 

そんなことを夢想しつつ書いてみました。

 

リゾマンの定住が進んでいることからの夢想

 

ぜひ訪問してくださいね。

 

20170202 by okkochaan