国産スポーツカーの高騰に思う伊藤かずえさんの愛車シーマのこと

この間、高校時代の友人に会いました。

その友人は大手の電気メーカーに勤めてましたが、
何年か前にリストラにあい、現在はわりと過酷と思われる仕事をしています。

それで、僕は、もし興味があればネットビジネスを勉強したらと言いました。

どうも何にでも懐疑的な面があるので、無理かなとも思っていますが、
その時に、ちょうどブラックホールや宇宙の話もしていたため、ふと、
真空管の美しさを思い出し、彼のブログとして、得意の半導体の話を
主題として立ち上げるわけですが、その前段で、「真空管の話」を
ぜひ書いて欲しいと言いました。

かつては、真空管でアンプを作ったりすることがオーディオマニアでは
流行っていて、暗闇に浮かび上がる真空管の光が、音樂と相まって、
ものすごく美しかったことを思い出したのです。

また、何かの特典やアンティック商品そのものとして、真空管の
インテリアはいいのではないか、商品化できるのではないかと
話しました。

この国産スポーツカーの話にも通じるところがあると思います。

本文は、ここをクリックしてお読みください。