シャープ買収どうなる

 

 

 

 

 

おっこちゃんは、実は、きわめて古風な考えを持っています。

どういうことかというと、仮に、
僕の国籍が日本でなく、戸籍上、
日本人でなくなったとしても、でも
やはり僕は日本人であり続けると思っています。

いま、日本を代表するメーカーであるシャープが、
日本の会社ではなくなろうとしています。

でも、経営や技術者のこと、今後の発展を考えたときに、
そうしたほうがずっといいと、おっこちゃんは思います。

とくに会社の経営と技術とは、まったく領域がことなりますし、
技術者の理想として思い浮かぶのは、やはり、本田宗一郎さんです。

彼は本気で社長なんて包丁と同じで、何の価値もないと考えて
いたと思っています。

 

そうした思いを、ここに書きました。

良かったらクリックして読んでみてくださいね。