この、始めにあったのは理由のない自信と不安という言葉ですが、 あの孫正義さんの言葉ですね。

この頃、なぜか気になってしまう言葉です。

 

理由のない自信、とは青年期にありがちな自負心ともとれますし、 僕はずっとそう考えていました。

でもそれだけでは、ごくごく普通のことで、誰でもあることですね。

 

それで、もしかしたら違う意味があるのではないかなどと考えて、 気になっていました。

でもこれを書きながら、急に理解しました。

 

 

10934209_431602557016135_1425699368_n

 

ちょっと脱線しますが、やはり文章を書くということは、 すごいことだと思います。

 

なぜなら僕は30秒前までは、わからないで書いていたのに、 今、ある考えに到達できてしまったからです。

 

僕がなんで、気になってつまづいていたかがわかりました。

 

結局、この自信と不安とは、誰しもあることで、やはり 特別なことではないという結論です。

 

この言葉自体からは、孫氏の偉さは何もでてこないという、 当たり前の結論です。

 

孫氏が言ったから何か意味があると勝手に考えていただけです。

 

なぜなら、

 

人間の価値とは、困難にぶち当たった時に、 いかにその問題を自分の問題としてとらえて、

しっかり向き合って解決できるかという ところにあるからです。

 

極めて当たり前のことです。

 

打たれ強いのか、あきらめが悪いのか、楽天的なのか、 意思が強いのか、馬鹿なのか・・・・

 

結局、そんな解釈はなんの意味もなく、成功するまでやめなかった、 ただこれだけなんだと思います。

 

運がいいとか悪いとか、人はときどき口にしますが、 そういうことって、確かにあると思いますが、

 

誰に何をいわれようが、気にせず続けること、 このことが運すら引き寄せてしまうのだと 思ってます。

 

人の意見を聞くことと、自分のやりたいことに対して ブレないこととは全く意味が違います。

 

自分が一度やろうと決めたら、その決意を頑なに守っていきましょう。

 

それが自分を大事にすることだし、 それを大事にできない人間は、 結局、自分も他人も大事になんかできないです。

 

ただの、物分りのいい、人にやさしく自分にやさしい、 優しさの意味も取り違えた、あてにならない、

 

何もわかっていない人ということになります。

 

だから、自分のやりたいことに対しては、 あえて、物分りの悪い頑固者になりましょう。

 

徹底して頑固者になりましょう!